デントリペアとは

2015y01m06d_151728241

デントって何?

車のボディに出来た小さなヘコミのことをデントと呼びます。

一口にデントと言っても、その凹みの種類は多種多様です。当たったものや衝撃の強さによってサイズや形状、深さは様々です。一般的に隣に駐車していた車のドアが当たってできる1cm~5cmくらいの凹みを多くデントと呼びデントリペアの修復法でとても綺麗に修理できます。

2015y01m05d_084733670


デントリペアとは・・・

デントリペアとは、車に出来た小さな凹みを修復する画期的な修復法です。

正式名称をペイントレス・デントリペア Paintless Dent Repair(PDR)と言いその名の通り従来の板金や再塗装をすることなく数十分程度で修復してしまう技術を呼びます。

凹みを裏側から専用特殊工具で丁寧に押し戻すことにより歪までコントロールしとても綺麗に早く安価に治せるのが特徴です。

 


デントリペアの工法

デントリペアは数十本の特殊ツールを使い分け、車のボディに出来た凹みの裏側から、ゆっくり丁寧に押し上げることで、塗装することなく短時間で安価に、とても綺麗に仕上げることが出来ます。

その仕上がりは査定士が見ても発見することが出来ない程で近年、自動車業界では無くてはならない存在になってき始めております。

原理が単純なだけ、その作業はとても難しく、上級の腕を持つ技術者は国内でまだ少ないのが現状です。

プロのデントリペアラーはサイズにとらわれず幅広いケースに対応出来ます。

もちろん工具が挿入できなかったり、激しい衝撃の凹みはこの方法では修復できません

2015y01m06d_153553404


デントリペアのテクニック


ドアの凹み

ドア一番多くの依頼があるパネルです。ほとんどのケースで車の内装をバラさずに修復できるため作業時間も短くすみます。

フロントフェンダーの凹み

ドアパネル内部に補強などが少ないため比較的、修復作業が楽なパネルです。難易度の高いへこみや大きなサイズの凹みも修復しやすいパネルです。

リアフェンダーの凹み

ドアアクセス難易度は高めです。ほとんどの場合で内装の脱着が必要になります。作業時間はほかのパネルと比べ長くかかります。

ボンネットの凹み

ドア飛び石やボンネットの開閉時に凹みが出来てしまうことが多いパネルです。板金塗装だと部分塗装で格安補修できないパネルですが、狭い骨の中でもピンポイントで修復でき、デントリペアがとても有効なパネルです。

ルーフの凹み

ドア雹害の車もデントリペアで修復できます。内貼りの脱着などかなり手間のかかるパネルで作業時間は比較的長くかかります。板金塗装の場合、補修歴や事故歴がついてしまう部分ですのでデントリペアはとても有効な修復手段です。

トランクの凹み

ドア追突時にへこんでしまった等、重度の凹みの依頼が多いパネルです。

施工の不可の判断は無料で見積りいたします。一度お問い合わせください。


デントリペアのメリット



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ